研究成果

これまでに創出した成果をご紹介します。

サブ課題C 成果例6

早稲田大学 先進理工学部
早稲田大学 理工学研究所

中井 浩巳、吉川 武司
西村 好史、周 建斌

超並列電子状態計算を用いた溶液中でのCO2吸収シミュレーションにより、吸収液設計の指針を示すことができた。

超並列電子状態計算に基づく数千原子程度の系に対するアミン溶液中でのCO2化学吸収シミュレーションを実施した。その結果、実験的には観測が困難な双性イオンを経由した後、カルバメートが生成することを見出した。カルバメート生成には水溶液中のOH-がGrotthuss拡散により双性イオンに近づき、プロトンを引き抜くことも明らかにできた。

計算に用いたアミン溶液モデル(左)とカルバメート生成によるCO2吸収過程の模式図(右)