研究成果

これまでに創出した成果をご紹介します。

サブ課題C 成果例2

岡山大学 異分野基礎科学研究所

田中 秀樹、松本 正和、矢ヶ崎 琢磨

自由エネルギー計算を活用した結晶成長過程の解析。

包接水和物の表面への分子吸着は、結晶成長ならびに成長阻害機構と密接に関係している。我々は結晶成長シミュレーションと吸着自由エネルギーの計算を行うことで、i) 大きなゲストの包接水和物の成長が小さなゲストのそれよりもはるかに遅いこと、ii) 大きなゲストの包接水和物の成長が遅い原因と速度論的阻害剤の機構が本質的に同じであることを明らかにした。

ゲストの大きさによって成長速度が大きく異なる

(上) 速度論的阻害剤は包接水和物の表面に吸着し、それ以上の結晶成長を妨げる働きをする。
(下)速度論的阻害剤の自由エネルギー変化。表面への吸着はエントロピーによる。