イベント情報

重点課題5に関連するシンポジウムやワークショップなどのお知らせです。

ポスト「京」重点課題5 大規模並列量子化学計算プログラムSMASH講習会 −名古屋大学情報基盤センターCX400を用いたハンズオン−

 

大規模並列量子化学計算プログラムSMASHは、Hartree-Fock法、密度汎関数(DFT)法、2次の摂動(MP2)法によるエネルギー計算、構造最適計算を高速に行うことができるアプリケーション・ソフトウェアで、「京」コンピュータからPCクラスタまで幅広く使えるオープンソースソフトウェアです。
今回の講習会では、SMASHを用いた大規模な量子化学計算にご興味のある方を対象に、SMASHの概要と基本的な使い方を、名古屋大学情報基盤センターのCX400を利用して、実際にSMASHに触れていただきながら講習を行います。具体的には、SMASHの計算実行、SCF計算が収束しない場合の対処方法、計算結果の可視化などを行います。特に、初めてSMASHを実行する民間企業の研究・技術者、実験研究者、大学院生のご参加を歓迎いたします。
 

主 催 名古屋大学情報基盤センター
ポスト「京」重点課題5「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」
協 賛 高度情報科学技術研究機構(RIST)
日 時 2019年2月13日(水) 13:00~16:30
場 所 名古屋大学 高等総合研究館 308号室(愛知県名古屋市)
講 師 石村 和也(分子研・重点課題5研究員)
講師補助 名古屋大学情報基盤センター、RISTから数名
参加費 無料
定 員 10名
持参物 ありません(開催側でログイン及び可視化用にPCを用意しています)

参加登録

■参加申込締切:2月8日(金) 16:00まで

講演プログラム

■2月13日(水)13:00~16:30

13:00 – 14:00 SMASHの概要及びFOCUSスパコンでの実行性能 (講義)
14:00 – 14:30 CX400へのログイン、演習環境設定
14:30 – 15:15 CX400でのSMASH計算実行 (実習・基礎編)
15:15 – 15:30 <休憩>
15:30 – 16:30 CX400でのSMASH計算実行 (実習・応用編)
16:30 – 終了

お問い合わせ先

お問い合わせ先 〒444-8585 岡崎市明大寺町西郷中38
分子科学研究所 ポスト「京」重点課題5事務局
電話 0564-55-7353
E-mail ft-energy-office@yfep2.ims.ac.jp
※アドレス中の「@」は、半角にしてお送り下さい。